二郎自粛緩和に基づく訪問

行ってきた。
163AC62B-3542-4D06-8DF2-779477F2179F.jpeg

時期が時期なので店名の記載は避けるが、
緊急事態宣言解除直後ということもあり、人はいつもよりは少なく待つことなく入ることができた。
2ヶ月以上二郎を絶っていたのでアブラサラダ(もやし)を口にしたときには感動の涙もちょちょぎれた。
このお店に来て毎回思うのだが器全体が光沢に溢れてないか?

豚を中盤まで放置してしまい、やはり2ヶ月以上離れると二郎の所作すら忘れるんだなと思いつつ完食。
やはり美味かった。


ただ、密室密閉というのはお店の都合上避けられなく(席の間隔も特に変更なし)、
手指衛生という点での配慮は自主性に任せるというスタンスだったので、
心から安心して食事をするというのはこのご時世では難しそうである(といっても店内を要因とした集団発生はしていないと思うし、体調管理などの判断はしっかりしているからこそこのスタイルだと見受けられた)

小生として2ヶ月以上ぶりにここまでの密を経験したので人酔いしたということもあるが、
適度な頻度と衛生管理で二郎ライフも復活していこうと思う。。

二郎の麻薬感に苛まれて業務効率0になったので昼飯二郎はお控えなすって。。。

この記事へのコメント